悔恨の山旅(雨飾山)・会津朝日岳

■雨飾山(9月5-6日)参加者20名  ・9月5日大渚山、9月6日雨飾山  体調十分で臨んだ山旅であったが、下山途中でスリップ、左半身から左腕を下にして転倒。起き上ったものの左腕が動かない、痛みはなく脱臼を疑った。左肩に丸太をぶら下げたような状態はバランスがとれず、体力の消耗が激しかったもののなんとか下山。通りかかった三条市の車のご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度寸評

 裁判員制度がいよいよ実施される。人権の砦を担う司法が国民感覚から離反しているとの批判があること、他の先進国の多くが類似の国民参加の制度を確立していること等が背景にあり、司法への信頼向上を図ることが主たる目的とされる。   国家権力の行使である裁判は、司法修習制度で基本的な素養を身につけたプロが担務すれば事足りる。窃盗・詐欺・選挙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルカディアにて(寮生同窓会)

 イギリス人旅行家のイザベラ・バード(Isabella Lucy Bird) は、1878年(明治11年)6月から9月にかけて、東京を起点に日光から新潟へ抜け、日本海側から北海道に至る北日本を旅した。途中、山形県の赤湯温泉の湯治風景に強い関心を示し、置賜地方の風景を「東洋のアルカディア」と評した。旅の体験は『日本奥地紀行』として発刊さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の山旅(新潟角田山・足利天狗山・佐渡金北山)

■角田山:4月5日(土)、参加者28名、外環・関越・北陸道-巻潟東IC-登山口  (画像はクリックで拡大) ■天狗山・両崖山:4月30日(水)、参加者8名、電車山行(野田-久喜-足利) ■金北山:5月10日(土)、ドンデン山:5月11日(日)、参加者21名、   外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひかりブロードバンド談義(光回線終端装置の開放問題)

 我が家のインターネット接続はADSL回線のままに止まっている。FTTH(ひかりブロードバンド)への切り替えを幾度となく検討したことはある。しかるに、サービス内容や料金体系に納得できないことがあり、しばらくは従来回線にこだわり続けることに結論付けた。理由は光回線の終端装置が開放されていないこと、および光ケーブルの屋内部分の扱いが不透明で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年そして2008年へ

 今年もあと数時間で暮れようとしている。年齢とともに、時間の過ぎ去るのが加速しているように感じられる。空間速度が増せば、時間の歩みが遅くなるのが物理学の教えるところであるが、感性や思考の回転速度の低下に伴って時間が短縮されるのは、感覚の世界の法則なのであろうか。若い時分には、何事につけ結果の出るのが待ち遠しく、時間経過が遅く感じられた。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

リフォーム奮闘記(ガス機器編)

 昨年夏から今春にかけて、パロマ工業の半密閉式ガス湯沸かし器、リンナイ、東京ガス、さらに松下電器産業などの開放式湯沸かし器によるガス中毒事故が相次いで報道された。パロマ工業は排気ファンが正常動作しない場合に、ガス供給を停止する機能が不適切に改造されたことが原因で、自社に責任はないとの強弁を繰り返したが、その後、基板の半田割れがあったと一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

剣岳・立山三山

平成19年8月16日(木)-18日(土)富山県立山町(参加者13名) ■野田-関越道-上信越道-長野道豊科IC-扇沢-アルペンルート-室堂  ・室堂-雷鳥平-剣御前-剣山荘  ・剣山荘-前剣-平蔵のコル-縦バイ-剣岳山頂-横バイ-前剣-剣御前小屋  ・剣御前小屋-真砂岳-富士ノ折立-大汝山-雄山-一ノ越-室堂  室堂-弥陀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフォーム奮闘記(トイレ編)

 野田市の現在地に居を構えて約30年。勤め先の工場が近隣の我孫子市に移転する計画があり、それを見越して土地を入手していた。家内と長男7歳、長女4歳、生まれて数ヶ月の次男を伴い、4年間ほど住んでいた高井戸の社宅からこの地に越してきた。高度成長期の安普請の住居は、相応に傷み・老朽化が進み、DIYで対応するのは困難となっている。特に、2箇所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野梅郷とゴルジュの渓谷

平成19年3月11日(日)天候雨のち晴れ 参加者27名 青梅市/飯能市 ■野田-吉野梅郷-奥茶屋登山口-山ノ神-棒の嶺山頂-岩茸石- 白孔雀ノ滝- ゴルジュ帯-藤懸ノ滝-白谷沢登山口-さわらびの湯-野田 (画像はクリックで拡大します)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告あれこれ

 節分を過ぎ確定申告の季節が到来、この時期になると管轄の税務署から申告書用紙が届けられるようになった。当然といえばそれまでであるが、税務署や市役所などに出向いて用紙を入手する必要がないのは、便利な行政サービスのひとつである。実際には国税庁のWebサイトで申告書を作成しているものの、「申告の手引き」や「記載例」は紙文書のほうが、Web上の…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

季節挨拶のブログ考

 松の内が明け寒の入りとなったところで、寒中見舞いの葉書をしたためたり、Eメールを送信したりで2日間を費やした。身内(in-law)に凶事があり、年賀を欠礼していたのである。儀礼的な習慣ではあるが、年に一度くらいは普段の無沙汰を省み、お互いの無事や交友を再確認する便として、大変意味のあるものと考える。しかし、賀状や寒中見舞いの短く・定型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨巻山・日溜まり山行

平成18年12月2日(土)天候晴れ 参加者27名 栃木県益子町 ■野田-益子町-大川戸登山口-三登谷山-雨巻山-猪転げ坂-御嶽山-   登山口-ゆったりランド市貝-真岡-野田 (同行者が撮影したものを借用)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時移ろい、歳月流れて(寮生同窓会)

 仙台市角五郎町に木造平屋のその建物(仙台興譲館寮)はあった。入寮時(昭和38年)は10畳の3人部屋、ガラス窓にカーテンはなく、どうにか手に入れた机と田舎から送って貰った布団・柳行李くらいが各人の持ち物である。食堂には卓球台を兼ねたテーブルがあり、丼飯のお世話になった。エネルギーに満ち溢れ、新陳代謝の盛んな若者らは、空腹とインキンタムシ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

解約できない定期預金(金融庁web書込み)

 信託銀行の窓口で新型定期預金の契約約款(規定)についての問い合わせを行って後、一ヶ月ほどを経て回答があった。照会内容につき、商品性や約款見直しの際の参考に供する旨のコメントが付記してあったものの、内容は予想していた範囲内のものであった。 【回答内容概要】 Q1:大口定期預金と新型定期預金の中途解約の取り扱いにつき、預金契約…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

破裂・発火する電池とシステム設計の相関

 ソニーは自社製電池の破裂・発火問題に対し、パソコンのシステム構成との関係にこだわり続けている。初めて、この見解の危うさを指摘した時点から、事態はさらに深刻さを増しているように見える。富士通製のパソコンでも破裂・発火事故が発生した。自社のパソコンでの破裂・発煙・発火事故は他社製電池の問題とする一方で、他社製パソコンの事故はシステム設計の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー製リチウム・イオン電池の発火問題

 ソニーの電池発火問題に関するプレスリリースを追ってみた。発端は昨年とされるが、実際に露見したのは米Dell社が自主回収(米国内270万個、米国外140万個)を発表し、引き続き、米国消費者製品安全委員会(CPSC)がこれを公表したことに始まる。この時点(2006/08/15)でソニー社からは特段の発表が行われた形跡はない。その後、問題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解約できない定期預金(信託銀行との交渉)

 ある銀行の支店から電話連絡が入った。2週間ほど前、その支店の窓口で、定期預金の満期扱いを、”自動継続”から”満期解約”に変更した。他に相談事があればとの問いかけがあり、銀行の約款について2,3の質問をし、後日、書面によって回答することが約された。電話の内容は、文書回答の前に、営業担当課長が拙宅を訪問したいとのことである。質問内容が不備…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

飛騨の山旅(笠ヶ岳)

平成18年8月18日(土)~21日(月) 参加者14名 ■1日目:野田-新穂高温泉 ■2日目:新穂高温泉-ワサビ平小屋-鏡平小屋-双六小屋 ■3日目:双六小屋-弓折岳-秩父平-笠ヶ岳山荘-笠ヶ岳-山荘 ■4日目:笠ヶ岳山荘-笠新道-新穂高温泉-野田
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

体調不良のパソコン(人と機械と社会システム)

最近、パソコンが夏バテ気味である。人間の加齢と同じように、パソコンも長い間使い続けているうち、経時変化により障害となる。2001年のWin'ME最終モデルで、Win'XP capableを条件にして入手したものであるが、そろそろ耐久限界であろうか。定年後、自由な時間をパソコン相手に過ごすことが多くなった。PCが不調になりダウンする事態に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究費の不正受給・論文捏造のバランスシート

 学術分野の不正行為の闇は深い。特に、医学・生命科学に関する論文捏造は、先に掲載した東京大学多比良教授、大阪大学下村教授、武田教授らの事件に続いて、山形大学医学部の小谷直樹教授(49)の論文捏造事件が報じられた。さらに、早稲田大学理工学術院、松本和子教授(56)の研究費不正受給や論文捏造問題が露見し、不正行為の病巣の深さを窺わせる。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚偽・捏造の代償

虚偽・捏造情報による社会的な不正行為が蔓延している。決算報告の虚偽表示、建築業界の強度計算の偽装、警察内における捜査報告書の捏造、社会保険庁による統計情報の人為操作、大学や研究機関などのアカデミアによる論文捏造、作家・画家による他人著作物の盗作や模写などなど、枚挙に暇が無い。虚偽情報の発信や捏造を止めることは不可能である。安易に結果を得…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

荒川詔四君のブリヂストン社長就任を祝す

1963年(昭和38年)の山形県立長井南高等学校(現長井高校)卒業記念アルバムをめくった。記憶には面影が浮かぶものの、直ぐには見つからない。一人一人を目で辿り、最前列の右端に、なぜか白いマスク姿で控えめに写っている荒川詔四君が居た。 経済紙などにはめったに目を通さなくなって久しい。たまたま卒業高校の同年会の案内で、荒川君のブリヂス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

虚偽報告(粉飾決算、耐震強度)あれこれ

会社転がしにより時価総額を肥大化させたライブドア経営陣の公判が注目される。一方、NEC子会社における粉飾決算問題は、より巨額であるにもかかわらず不問に付されようとしているのであろうか。数年前にはIBM社日本法人において、社内取引を介した売上高の水増し事件もあった。決算報告などの会計計算にはある程度の幅があり、また、耐震構造計算も、モデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪山点描

平成18年4月16日(日)曇り 山梨県上野原市 参加者24名 御岳神社登山口(8:30)-山頂(10:45)-びりゅ館(13:25)-小菅の湯(14:30)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more