日暮しの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年そして2008年へ

<<   作成日時 : 2007/12/31 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 今年もあと数時間で暮れようとしている。年齢とともに、時間の過ぎ去るのが加速しているように感じられる。空間速度が増せば、時間の歩みが遅くなるのが物理学の教えるところであるが、感性や思考の回転速度の低下に伴って時間が短縮されるのは、感覚の世界の法則なのであろうか。若い時分には、何事につけ結果の出るのが待ち遠しく、時間経過が遅く感じられた。生き急ぐ余り、見掛け上の思考速度が増加し、時間の尺度が伸びていたのであろうなどとも考える。それが今では時間が愛おしいものとなった。

 地域コミュニティに回帰し、気の置けない山仲間との交流などを楽しんでいる。地方自治体のIT化の一環として、インターネット上に各地の風土記を構築するための行政支援や、博物館・美術館・神社・仏閣などの歴史遺産をディジタル保存し、ネット上での公開性を高めるための事業援助に携わった経験をベースに、山クラブのWebを構築・管理していたが、ようやくこれを引き継ぐことができた。ネット社会の行方は未知数であるが、少なくともその恩恵にあずかる機会の少ない層へのサポート活動は、何らかの形で継続したいものと考えている。

 大学の研究室時代にお世話になった恩師をしのぶ会に参列、学生時代から入社20年程の間に知己を得た諸兄との再会を喜んだ。研究室の会合は数年に1回くらいの頻度で開かれ、その幹事なども何回か引き受けていた。うれしく思ったのは、技術者として現役の頃に交流のあった、NTT開発研究部門の旧知との邂逅の機会にもなったことである。このとき司会をされた葉原耕平さん(学会名誉員)が電子情報通信学会誌に特別解説記事”ディジタル交換技術の研究開発”を寄稿されたのを読み、メーカー側から見たコメント・メールを送った。一方的な見解に丁寧な返信をいただき恐縮した。このときのメール書簡は残念ながら、XPパソコンがクラッシュしたため残ってはいない(ハードディスクの片隅に密かに残る)。懐古趣味のようではあるが、一時期、心身ともに注力した分野には”尽きることのない思い”が残る。

 この春から家電量販店の店頭に立っている。読んだり、書いたり、考えたりで自由な時間を過ごすのは最高の贅沢ではあり、これを楽しんではいた。しかし、肉体面や精神面の健康状態に問題はなく、ある種の不完全燃焼状態が続き、社会との接点を模索していた。地域の公民館で”ITインストラクタ”なるボランティアまがいのこともやってみたが、余りの手応えのなさに、満足感が得られることはなかった。地域の量販店でもPC、無線LAN、CD・DVDやHDD、プリンタなどの個人向けのIT機器が並ぶようになり、このあたりであれば少しは役に立てるのではないかと採用広告に応募した次第である。長年会社勤めを経験しながら、営業・販売などの経験はなく、もっとも苦手意識の強かった仕事ではあったが、慣れとは恐ろしいもので、今では接客業を楽しんでいる。リテール前線の実態などは想像外のことであったが、現場は時代や業種を超えて何時も臨場感に溢れている。

 ”偽”の一年ではあった。年金制度は国による合法的な詐欺の様相を呈し始めている。百年安心のうたい文句はむなしく、これからも弥縫策を繰り返すことになろう。内容に乏しい青い宰相は、心身症に陥り、戦線を放棄したあげくの嗤える末路ではあった。いまでは米国追従の”ポチ”の時代も懐かしく、その折、年金未納などで辞任した元官房長官には”タマ”の手法で媚を売り、状況対応に終始しているように見える。社会制度や政治の実態にも”真”や”信”の期待できる新年であってほしいものである。

 皆様よいお年をお迎えください。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野菜保存の知恵
野菜の保存方法はさまざまですが、知っておくと長持ちしたり、使いまわせたりとお得な知恵があります。まずトマトをとりあげてみましょう。夏野菜のトマトはビタミンA,Cがたっぷりで、夏ばてにも効果があります。ソースなどにも用いられる便利な野菜です。まだ青みがかっているものは室温で保存すると赤くなります。一般的には冷蔵庫で保存しますが、やわらかくなってきたら、湯むきして刻み、玉ねぎやにんにくなどと炒めてソースにしてみましょう。出来上がったソースは冷凍に保存しておけば、必要なときに解凍し... ...続きを見る
野菜,2007年そして2008年へ
2008/01/02 02:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
年賀状の返信で、誘われ、貴職のこのブログ始めて、拝見いたしました。私も今年56歳なので、ずいぶんいろいろ考えて動いてきたはずですが、自分のことは決められません。貴職のこのブロッグ拝見してずいぶん勉強になりました。私自身も写真を再開して、それこそサウジアラビアまで昨年は行ったものですから、呻るほど写真もたまってきたので、公表方法も参考になりました、、ありがとうございました。
昔の部下 田島
2008/01/05 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年そして2008年へ 日暮しの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる